ぬか漬けの塩加減

我が家のぬか漬け床は、53歳です ここにきて、ぬか漬けの奥深さを実感しています。 「おいしい~♪」と感激するときは、ぬか床がとてもよい状態の時です。 塩も少なめって思うと、食べて「いまいち><」って感じます。 ぬかは、有機栽培米のつきたてぬかを生で足しています。 香りがよく、ふかっとしていて、スズメにも大人気のぬかです。 美味しいと感じているぬか漬けも、きゅうりや茄子やキャベツなど、瑞々しいお野菜をたくさん漬けていくと、ぬかの味が薄らいできます。 かき混ぜるのは、上下をひっくり返すように心がけていますが、少し怠ると、ぬか床は怒って美味しい乳酸菌が少なくなり、変なにおいになります。 機嫌が良いと、ぬか床に南部鉄をぬか床にいれているので、茄子は真っ青。 収穫時より更に良い色になります。 とても難しいですけれど、夏は、このさっぱりして、香りのよい、おなかにやさしいぬか漬けが大好きです。        皆さんもはじめてください。そして何年も育ててください。          もし上手に育たなくても、ぬか床を棄てずに、育てなおしてください             失敗しても、必ず美しく、美味しく育ってくれます。                 器量のより 気立てのよい娘みたいに大切にしてあげてください。ね。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示