クレープを作ろう~

 今日は気温26度 湿度もそうとう高そうなので、 簡単 おいしい 本格クレープを作ろう~@^-^@っと♪  レシピ公開 材料 小麦粉80g      全卵 1個 卵黄 1個      牛乳 120cc      バター 10g強      砂糖 (デザートのおやつなら少々加える) 15g 作り方 1 粉をよく振るい、大きめのボールにとり、卵と砂糖を加えて、泡だて器でよくねり合わせ、タネに腰をだしてください 2 1に牛乳を少しづつ加え、種を少しづつ伸ばします。 3 フライパンをよく熱し、強火でバターを溶かし、バターが溶けてブクブク泡だっているうちに、2のタネの中に流しいれます 4 もう一度、全体を混ぜ合わせたら、フライパンを再び熱してから片手で持ち、種の入っているボールに対して90度ぐらいの内側に傾け、その傾けた端に、玉じゃくしでタネをすくっていれ、ふちにぐるっとまわして流すようにしながら、全体に平均に流し、強火の火のう上に戻します。 5 この要領で次々に焼きあげればよいわけですが、タネにバターが入っているので、フライパンには1回1回バターを引く必要はありません。  前もって焼いておく場合は、冷蔵にいれず、室温でそのまま重ねあわせ、表面が乾かないように、付近などをかけておきます デザートとしての具 チョコレートを乗せただけのが大好きです。 ほかには、ありあわせのジャムでもよいし、リンゴの薄く小さ目のイチョウにきったものを小なべにとり、バターと砂糖を加えて、かぶる程度の水で、水がなくなるぐらいに煮詰めたもの、あるいは、プラムを煮たものなどがよく合います。  大人向きのデザートとしては、全体にグラニュー糖を薄く降り、その上から氷のよい洋酒をふりかえただけでも、結構おいしいものです。 ただし、高級レストランでよく出される本式のクレープ・シュゼットは、家庭でも無理かもしれません。 オードブルとして作る場合 皮に砂糖を加えないこと、具の法は、たまねぎの微塵きりににんにくのみじん切り少々加えて炒め、生クリームをワインで軽く煮詰めた中にハムの微塵きり、あるいは、エビやカニを加えて、塩こしょう味を調えたものなどが一般的です。 包み方 3つ折、半分に折って二つ折、蜜折の両端をさらに折って長方形などにもできます。  エビやカニを使った場合は、チーズの細切りを載せ、天火などに入れると、味の変化が楽しめます。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示