top of page

梅雨の晴れ間に、青梅酢干し

梅雨の晴れ間に、梅干の「青梅酢干し」をしました

 梅を漬けてから、数日がたちます。  完熟の梅なので、1日で梅酢が上がりました。  参福では、シソを入れて、土用干しする前に、梅雨の晴れ間の晴天の日に青梅酢の時にも干します(たるのまま)。  青梅酢干しは、面倒ですけれど、こうすると、梅干が完成した後3年間は、色も味も変わらずに保存できるんです。昔のおばあちゃんの知恵です。@^-^@

 シソも宝塚西谷の農家さんから直接買いました。  今年は、梅もシソも不作なので、量を確保するのがたいへんです。  「ちりめんシソ」をちぎって、洗って、干して、塩と梅酢で何度も揉み、水気とアクをしっかりとります。   その後、青梅酢干しした、梅の間にシソを挟んで漬け、このまま土用まで保存です。  さてさて、やっとここまで着ました~ 梅700kgの漬け込みは本当にやった~っという感じですが、  月曜からまだまだシソむしりが続きます。  こうして暑くなったことを実感しながら、季節が動いていくのを感じます。  お店の店頭には七夕飾りをこっそりしてみました。  今年は、「温暖化防止」と「自然を長く残せるように」と願って空を見上げようと思っています。  我が家の夏の花

半夏生           

たいまつそう(ベルガモット)  明日の商品の紹介は、これも人気商品の「ラッキョウ漬け」の話です ごまとうふ屋参福はこちらから

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

店頭のらっきょう販売再開

年始に売れ行きが良く、一時期品切れになっていましたが、販売再開しております。 また本日は鳥取の畑の方へ行っております。 どうぞよろしくお願いいたします

ごまとうふの値段があがりました

今年元旦から清荒神の店頭にて 1箱800円⇒850円 で販売しておりました ネットの方もそれに合わせて同じ値段となります。 どうぞご了承ください。

Comments


bottom of page