清荒神さん 春の大祭

4月28日は「清荒神 春季三宝荒神大祭」 午後から 宮内において 百味練供養を中止し、大般若経転読法要のみ行われました。 当山の法主が大阿(導師)となり、一山の僧侶が出仕し、山伏、伶人の奏楽を先頭に境内を練り、三宝荒神王の御宝前に喜代寿女(きよすめ)が捧げる百種の蔬菜や果物を献供して、世界の平和と五穀豊穣をお祈りする厳粛な儀式です。 4月28日 8時より 拝殿にて大般若経転読法要 朝は晴れていたのに、お昼頃春の雨が降り すがすがしい空気。 急ぎ足で参道を下りられた方は、雨に濡れ寒さに震えていらっしゃいましたが、夕方までゆっくり大法要をご覧になった方は、「本当によかったわぁ」とわんわんの帽子のお孫さんと慶んで、頬を赤くしてお帰りでした。 春季三宝荒神大祭 (4月27・28日)

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示