top of page

黄金龍 赤穂段通

黄金龍   赤穂段通をつくっていただきました

 特別注文して、小さいサイズ そして 二匹の黄金の龍が勾玉を抱く図  とても贅沢で、一生大事にと思っています。 100年は大丈夫でしょうから2代かな 工房ひぐらし 赤穂段通 赤穂段通は、実質的で、雅。 1畳の大きさを機で織るのに、1年かかるそうです。 綿と絹を織り交ぜ、1本1本糸を紡ぎ、そしてはさみで切りそろえる作業。 大正時代に全盛期を向かえた赤穂段通も、今では、数人の方たちのみの手作り。 朝から夕方までの緻の前に座り、目が潤み、肩が懲り、誇りでむせ。 本当に贅沢な段通をわけていただきました 興味があるかたは、工房ひぐらしを覗いてみてあげてください。 ↓のような風流な行事も・・・ 2008年09月15日 赤穂段通工房ひぐらし庵でお月見会 お月見なんてお洒落なことは初めてでした

やっぱり素晴らしいロケーション すすきの飾りが用意されていて ちゃんと月を見たのは本当に久しぶり。

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Kommentare


bottom of page