1月15日 めだか鉢に薄氷

 1月15日 天気晴れ時々曇り   朝開店時に、参道に面したとおりに置いていためだか鉢に薄氷がはっていました。  寒いはずです。車を運転する手に手袋がほしい~っ気がしていたもの。 めだかは氷の張っている水中で生きていました。何度まで何日生きていられるのでしょう?  このめだかたちは、昨年ここで100匹ほど生まれた中の11匹。後の子たちは、夏休み中に家の近所の子供達にもらっていただきました。

medaka.jpg
閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

国境なき医師団 ウクライナと近隣諸国で緊急対応を開始 https://www.msf.or.jp/news/detail/headline/ukr20220302nt.html?argument=fkJbx1gw&dmai=a6221d20f68dcb&code=WEB2202 国際赤十字 ウクライナ危機:赤十字の連帯 https://www.jrc.or.jp/foreign_rescue/uk

暖かくなり、宝塚では梅が満開。 皆さんのお宅では女の子の節句「ひな祭りは何月にしますか」 荒神さんのお参りは、少し賑やかになりました。土日は子供さんたちが 境内を走り回っている姿も見かけられるようになりました。 まだまだ蔓延防止期間延長です。お大事になさってください。長寿と女の子たちの幸せを祈ります。